佐久間悠 週末の俳句

     ◎破荷や盛りし頃を憶はざる

     ◎残り菊活けて仏壇華やかに

     △旅の宿風呂場にありし糸瓜水(平成21年9月作)

令和2年8月15日分

     ◎走馬灯想ひはめぐる一人酒

     ◎桐一葉流れに任せ流れ行く

     △秋惜しむ一人旅寝の里の暮(平成20年10月作)

— posted by 佐久間 at 10:32 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎栗拾ひ数を競ふや子供等と

     ◎無事であれ大空高く鳥渡る

     △鮭の群れ旅の終りの故郷へ(平成21年9月作)

令和2年8月8日分

     ◎立秋や残暑見舞の葉書来る

     ◎蜩や薄暮の町に群れず鳴く

     △無事祈る夕空遥か鳥渡る(平成20年10月作)

— posted by 佐久間 at 10:17 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎ビリビリと破りし障子洗ふかな

     ◎古酒ありて新酒もありて宴盛る

     △本年も鮭のぼるなり群れなして(平成21年9月作)

令和2年8月1日分

     ◎天の川この一年の長き事

     ◎朝顔に心奪はれ時過ぐる

     △秋の川流れに向かふ鯉の群れ(平成20年10月作)

— posted by 佐久間 at 10:17 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎民富みて粟もいつしか米となる

     ◎信濃路は蕎麦売る店に蕎麦の花

     △人の世も色とりどりの花野かな(平成21年9月作)

令和2年7月25日分

     ◎落雷に二つに裂けし大木かな

     ◎半夏生雨は静かに降りつづく

     △バスの旅炎の様な山紅葉(平成20年10月作)

— posted by 佐久間 at 08:05 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎大花野跡形も無く家になり

     ◎名月や雲の床几に坐るなり

     △河口にて満ち潮待つや鮭の群(平成21年9月作)

令和2年7月18日分

     ◎山の端や赤から黒へ夜の秋

     ◎夕顔を白く浮き出す月明り

     △秋彼岸墓前賑はす供え物(平成20年9月作)

— posted by 佐久間 at 10:28 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.1676 sec.
prev
2021.10
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31