佐久間悠 週末の俳句

     ◎麦笛のうまさを競ふ子供達

     ◎新樹晴流るる風も香りたつ

     △近づきて初めて判る黒穂かな(平成21年5月作)

令和2年3月14日分

     ◎白酒に赤いお顔の右大臣

     ◎春雷を旅の湯船に聞く朝

     △里山の静かさ破る時鳥(平成20年6月作)

— posted by 佐久間 at 09:59 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎風強し右に左に芥子の花

     ◎戦陣へ威風堂々のぼり旗

     △香り良し飲みて又良し新茶かな(平成21年5月作)

令和2年3月7日分

     ◎春の山色取り取りの百花有り

     ◎大独活も見えぬ処が役にたち

     △釣堀や木陰に寄りて竿を出す(平成20年6月作)

— posted by 佐久間 at 10:06 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎掴まれて怒れる烏賊は水を噴く

     ◎大卯浪しぶきに濡れて竿を出す

     △胡瓜苗朝な夕なに水をやる(平成21年5月作)

令和2年2月29日分     

     ◎里山に山火の煙流れ来る

     ◎初午や五穀豊穣願ふなり

     △苗束を投げて始まる田植かな(平成20年6月作)

— posted by 佐久間 at 10:27 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎この季節釣り上げられて桜鯛

     ◎さくら咲く国に生まれて桜餅

     △黙々と種蒔く親子ひかる汗(平成21年4月作)

令和2年2月22日分

     ◎立春やまだまだ弱き日差なり

     ◎凍解や泥跳ね上げて馬駆ける

     △縁側に籐椅子ありて父想ふ(平成20年6月作)

— posted by 佐久間 at 10:02 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎風に舞ひ落花しきりの朝の道

     ◎親鳴きて仔馬かけ寄る牧の朝

     △法然忌本山向かふ人の波(平成21年4月作)

令和2年2月15日分

     ◎針供養とんと縁無き世界かな

     ◎はかなさと無念残して実朝忌

     △雨上がり虹を背負ひて田植かな(平成20年6月作)

— posted by 佐久間 at 08:49 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0830 sec.
prev
2021.5
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31