佐久間悠 週末の俳句

     ◎裾絡げ障子を洗ふ乙女かな

     ◎柳散る小さき波紋残すなり

     △暮早し今水墨の世界なり(平成20年12月作)

令和元年8月10日分          

     ◎目覚れば蜩の声はるかなり

     ◎桐一葉時の流れは無常なり

     △灯籠を流す川面に月明かり(平成19年8月作)

— posted by 佐久間 at 10:34 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎吐く息も白くなりけり秋の霜     

     ◎添水の音色々ありて楽しけり

     △コート脱ぎ小春日和の寺巡り(平成20年11月作)

令和元年8月3日分          

     ◎天の川逢瀬嬉しき星二つ     

     ◎朝顔は朝の顔なり朝開

     △灯籠の一隅照らす社かな(平成19年8月作)

— posted by 佐久間 at 09:55 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎夕日受け更に色増す烏瓜     

     ◎穭田や緑の列に夕日差す    

     △落葉舞ひ絨毯となる田舎道(平成20年11月作)

令和元年7月27日分

     ○籠枕三つ並べて川の字に

     ○風流れ田は緑なり半夏生

— posted by 佐久間 at 10:03 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎庭一面冷え込み増すや秋の霜

     ◎ダンサーの踊る如くに柳散る

     △隼と言われた人も好々爺(平成20年11月作)

令和元年7月20日分        

     ○行水に燥ぐ園児や水ひかる

     ○香水の淡き香りに振り返る

— posted by 佐久間 at 10:07 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎水澄むが如く心も澄みわたる

     ◎名月はゆらゆら揺れて川遊び

     △出雲なる国へ旅立ち神の留守(平成20年11月作)

令和元年7月13日分     

     ○久々に家族と潜る茅の輪かな

     ○焼酎や麦も良ければ芋も良し

— posted by 佐久間 at 09:57 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.1251 sec.
prev
2020.10
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31