佐久間悠 週末の俳句

     ◎庭一面冷え込み増すや秋の霜

     ◎ダンサーの踊る如くに柳散る

     △隼と言われた人も好々爺(平成20年11月作)

令和元年7月20日分        

     ○行水に燥ぐ園児や水ひかる

     ○香水の淡き香りに振り返る

— posted by 佐久間 at 10:07 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎水澄むが如く心も澄みわたる

     ◎名月はゆらゆら揺れて川遊び

     △出雲なる国へ旅立ち神の留守(平成20年11月作)

令和元年7月13日分     

     ○久々に家族と潜る茅の輪かな

     ○焼酎や麦も良ければ芋も良し

— posted by 佐久間 at 09:57 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

 今回よりムラゴンと同時掲載する事にしました。昨年7月よりムラゴンに掲載した俳句は毎回2句ずつこちらにも掲載します。

     ◎台風過濁れる川に竿を出す

     ◎水澄し頃は田舎の祭りなり

     △石蕗の花一固まりの黄色かな(平成20年11月作)

令和元年7月6日分

     〇北の海浜一面に昆布干す          

     〇睡蓮や水面を蔽ひ今盛り

 

— posted by 佐久間 at 09:42 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0917 sec.
prev
2020.9
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30