佐久間悠 週末の俳句

     ◎漁火の遠くちらちら夜釣かな

     ◎昼顔の閉づる夕べは雨となる

     △新茶入れお客呼び込む老舗かな(平成21年5月作)

令和2年4月11日分

     ◎懐かしき故郷の家桃の花

     ◎桜こそこの山里の主なり

     △打ち水を足に掛けたが縁となる(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:18 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎竹落葉積り積りて幾年ぞ

     ◎短夜や早くも白む窓の外

     △雨降りて一気に芽吹く胡瓜苗(平成21年5月作)

令和2年4月4日分

     ◎舞ひ落ちて川面を覆ふ桜かな

     ◎種を蒔く自給自足の糧として

     △朝焼けの海へ繰り出す昆布船(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:02 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0328 sec.
prev
2021.6
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30