佐久間悠 週末の俳句

     ◎民富みて粟もいつしか米となる

     ◎信濃路は蕎麦売る店に蕎麦の花

     △人の世も色とりどりの花野かな(平成21年9月作)

令和2年7月25日分

     ◎落雷に二つに裂けし大木かな

     ◎半夏生雨は静かに降りつづく

     △バスの旅炎の様な山紅葉(平成20年10月作)

— posted by 佐久間 at 08:05 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎大花野跡形も無く家になり

     ◎名月や雲の床几に坐るなり

     △河口にて満ち潮待つや鮭の群(平成21年9月作)

令和2年7月18日分

     ◎山の端や赤から黒へ夜の秋

     ◎夕顔を白く浮き出す月明り

     △秋彼岸墓前賑はす供え物(平成20年9月作)

— posted by 佐久間 at 10:28 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎台風もいつしか去りて星の夜

     ◎水澄みて空気も澄みて心澄む

     △ふるさとへ命をつなぐ鮭の旅(平成21年9月作)

令和2年7月11日分

     ◎行水は昔の事となりにけり

     ◎好きな娘に香水贈る誕生日

     △水辺の穂とんぼ休みて顔を掻く(平成20年9月作)

— posted by 佐久間 at 08:20 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎夜夜の月流るる雲と戯れり

     ◎中天に名月ありて酒すすむ

     △朝顔に絡まれてをり庭の竹(平成21年8月作)

令和2年7月4日分

     ◎親ありて年に一度の帰省かな

     ◎日も落ちてほつと一息夜の秋

     △秋冷や影に見るなり陽の弱さ(平成20年9月作)

— posted by 佐久間 at 10:42 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0642 sec.
prev
2021.9
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30