佐久間悠 週末の俳句

     ◎晦日蕎麦食べて今年を振り返る     

     除夜の鐘皆それぞれの音色なり     

     △初日の出思はず垂れる頭かな(平成21年1月作)

令和元年10月19日分        

     ◎陽を浴びて通草が笑ふ通学路     

     ◎大柳散りはじめたる川原かな     

     △お正月希望目標世に溢れ(平成20年1月作)

— posted by 佐久間 at 10:41 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎鳰親子川の字になり泳ぐかな

     ◎除夜の鐘湯船の中に数かぞふ

     △矢の如く一年過ぎて去年今年(平成21年1月作)

令和元年10月12日分

     ◎添水鳴る群れる雀は驚かず

     ◎秋の霜コートの草も薄化粧     

     △ねずみ年お正月から駆け回る(平成20年1月作)

— posted by 佐久間 at 08:26 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎味噌汁に葱は一番温まり

     ◎煤払ひまず神棚と仏壇を    

     △里山の氷も解けて水流る(平成21年1月作)

令和元年10月4日分

     ◎金柑や夕日に映えて輝けり

     ◎旨し物菊の節句に飲む酒は

     △嫁に行き一人少なゐお正月(平成20年1月作)

— posted by 佐久間 at 10:17 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎蕎麦湯飲む一時凌ぎの暖かさ

     ◎笹子鳴く早くなれよと暖かく

     △駅伝を見ながら賀状目を通す(平成21年1月作)

令和元年9月28日分

     ◎縁側の日除けとなりて糸瓜棚     

     ◎水澄みて鷺一羽ゐる浅瀬かな    

     △つらき事楽しき事も12月(平成19年12月作)

— posted by 佐久間 at 10:12 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎芭蕉忌や俳聖はるか遠くなり

     ◎猿島の岩場に群れて石蕗の花

     △お正月朝から飲める三日間(平成21年1月作)

令和元年9月21日分

     ◎大花野染めて静かに夕日落つ

     ◎一刷毛の墨を流して良夜かな

     △傘一つ寄り添ひ歩む初時雨(平成19年11月作)

— posted by 佐久間 at 10:22 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0730 sec.
prev
2021.1
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31