佐久間悠 週末の俳句

     ◎大の字になりて微睡む夏座敷

     ◎山清水大河となりて海に入る

     △草茂る休耕田を風渡る(平成21年6月作)

令和2年5月9日分

     ◎袋掛かけた分だけ実りあり

     ◎願はくは若葉となりて蘇り

     △日を浴びて今を盛りと睡蓮花(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:28 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎お疲れと背中叩きて馬洗ふ

     ◎卓上のメロンを囲み三世代

     △手を入れぬ田畑狭しと草茂る(平成21年6月作)

令和2年5月2日分

     ◎花桐の香に誘はれて山の道

     ◎雨上がりみどり輝く若葉風

     △梅雨明けや強き日差しに目も眩む(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:22 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎翡翠やくはへし魚岩に打つ

     ◎遥か沖漁火は揺れ夜釣かな

     △杜若あなたはそこにいる様な(平成21年6月作)

令和2年4月25日分

     ◎地震の町季節は巡り辛夷咲く

     ◎塩づけの葉にくるまれて桜餅

     △睡蓮の葉陰に遊ぶ鯉の群れ(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:12 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎鮎上る浅瀬に待つは鳥の群れ

     ◎夏草の原を孫等と駆けまわる

     △気怠さを残して起くる夏の朝(平成21年6月)

令和2年4月18日分

     ◎縁側にうつらうつらの日永かな

     ◎はらはらと落花しきりに宴の後

     △照りつける空に向かひて水を撒く(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:25 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

佐久間悠 週末の俳句

     ◎漁火の遠くちらちら夜釣かな

     ◎昼顔の閉づる夕べは雨となる

     △新茶入れお客呼び込む老舗かな(平成21年5月作)

令和2年4月11日分

     ◎懐かしき故郷の家桃の花

     ◎桜こそこの山里の主なり

     △打ち水を足に掛けたが縁となる(平成20年7月作)

— posted by 佐久間 at 10:18 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0712 sec.
prev
2021.9
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30